2022/02/01

Azure AD のカスタムドメインに Cloudflare Registrar 管理のドメインを設定する

 Microsoft Azure を有効化すると、Azure AD のテナントに 「domainname.onmicrosoft.com」の様な一意のサブドメインが割り振られます。

Azure アカウントを作成する - Learn

個人アカウントを使って Azure を有効化した場合など、テナントのドメイン名に自分のメールアドレス情報を使ってしまったり、後々ちょっと困ることがあります。

Azure AD の初期ドメインは変更ができないので、変えたい場合はテナントごと作り直すか、カスタムドメインを使用する必要があります。

また、「onmicrosoft.com」のサブドメインとなるので企業で利用する際には、独自ドメインを利用したいという場合も多いと思います。

今回は Cloudflare Registrar で管理している個人ドメインを既存 Azure AD のカスタムドメインとして設定しました。


Azure Portal にログインして「Azure Active Directory」を選択します。


Azure AD 選択

Azure Active Directory の左の領域から「カスタム ドメイン名」を選択します。

Azure AD カスタムドメイン名

「カスタム ドメインの追加」を選択します。

カスタムドメインの追加

自身の所有しているドメインをカスタム ドメイン名を入力し「ドメインの追加」を選択します。

独自のドメインの追加


ドメインレジストラ側で設定する内容が表示されました。
以下の内容をレジストラに登録する必要があります。


Azure AD TXTレコード


今回使ったドメインは Cloudflare で管理しているので、そちらに先ほどのTXTレコードの情報を登録していきます。


Cloudflare DNS TXTレコード


保存に成功するとこのような表示がされます。


Cloudflare DNS レコード追加


情報の登録に成功していれば、Azure AD側の確認で「確認済み」と表示されます。


Azure AD カスタムドメイン追加の確認


追加したカスタムドメインを選択すると「プライマリにする」ボタンが有効化されているので選択します。


Azure AD カスタムドメイン プライマリ化


確認画面が出るので「はい」を選択します。


image


これでプライマリドメインが変更されました。


Azure AD プライマリドメインの確認

0 件のコメント:

コメントを投稿

Azure AD のカスタムドメインに Cloudflare Registrar 管理のドメインを設定する

 Microsoft Azure を有効化すると、Azure AD のテナントに 「 domainname .onmicrosoft.com 」の様な一意のサブドメインが割り振られます。 Azure アカウントを作成する - Learn 個人アカウントを使って Azur...